アニメ業界への就職を考えよう


「アニメ業界への就職」における重要な項目である「必要な経歴」「制作会社での成長」「技術を身につける過程」について書いてあるページです。
これらの項目を満たすために必要な能力の獲得方法を提示しています。

093788

★アニメの専門学校を卒業してアニメーターになる

アニメーターとして活躍したいのならアニメの専門学校への進学が最適です。

アニメの制作会社でも営業などの職種別の仕事から、制作におけるプロデューサー/ディレクター/アニメーターとポジションはいくつもあります。

制作などの専門職以外での就職なら大学に進学するのがいいでしょう。

実際に一枚一枚アニメを作っていくのなら専門学校で技術を身につけるのが望ましいです。

「即戦力」とまではならなくても基礎を分かっていると就活段階での評価が違いますし、入ってからも早く制作チームに溶け込めます。

まずはどのような関わり方をしたいのかをはっきりさせることが重要で、それを考えれば自ずと進学先が決まってきます。

★アニメーターはどのように仕事の幅を広げていくのか

アニメ制作の経験を積んだあとはディレクターなどに出世していくのが一般的です。

ディレクターは制作全般に指示を出すポジションであり、アニメーターの力量や締め切りまでの労働量を理解していなければなりません。

そして営業やクライアントとの折衝をすることもあるので、アニメーター出身で現場が分かっていれば部下に歓迎されることがあるでしょう。

またその後は演出家やプロデューサーになっていくというコースもあります。

アニメの演出家は最初から演出家を志す場合もありますが、アニメーターから出世する場合が一般的です。

プロデューサーの立場になればアニメ全体を統括していくことが可能になります。

もちろん大きな責任が伴いますが「自分が見たいアニメを作る」ことが出来る立場であるといえるでしょう。

アニメーターになるのならこれくらい先のことを見越して活動を始めてもいいと思います。

★実践的にアニメ業界で活躍していくことを考える

アニメ業界で活躍するためにはアニメの専門学校に進学するのがいいでしょう。

学校ではアニメーターコースと演出家コースに分かれていて制作者としての進路を選べるからです。

またアニメの完成にはアフレコを入れる声優も必要なので、声優学科がある専門学校なら学べることが増えるでしょう。

またアニメはマンガやノベルを原作とするものが多いので、それらの学科があることも参考になります。

こういったアニメ専門学校の長所を生かしてアニメーターへの道を進んで下さい。