Author Archives: 高橋

ショッピング枠を増額したい!方法と審査が通りにくい4つのタイプを解説

誰でもショッピング枠を増額する方法とは?

現金化をするときに必要になる、クレジットカードのショッピング枠は、初回は最低限度額の10万や30万円で設定となっている方も多いです。
しかし、現金化に迫られた状況では、限度額不足で使えないなんてこともあります。
そのような事態に備えるには、クレジットカードの増額を試してみましょう。

カード会社にお願いする

増額をする方法としてはカード会社へ、電話やインターネットを使って申請することになります。
増額の希望額やローンの状況、勤務先に変更がないかなどが聞かれると思うので、それらの質問に答えたあとカード会社の方で増額しても大丈夫そうか、再審査されることになります。
場合によっては、現在の収入を証明できる書類の提出が求められることになりますので、増額のために、ウソをついて収入を大きく伝えることはやめましょう。
もし、一時的にショッピング枠を増やしたいだけでしたら、一定の期間を決めて、一時増額の申し込みをした方が、永久的な増額よりも審査は通りやすいかと思います。

気づけば限度額が上がっていることもある

クレジットカードを定期的に利用している人で、毎月返済をキッチリとやっている人ならば、自動的にカード会社の方で限度額を引き上げているところもあるようです。
そのような場合は、メールやハガキなどで連絡が来ていることが考えられますが、連絡がない場合もあるので、ウェブサイト上などで自分の現在のカードの限度額について、一度調べてみるとよいでしょう。

増額の審査が通りにくい4つのパターンとは

増額の審査は甘いものではありません。こんな人は審査に通りにくいかも!?4つのパターンを紹介していきます。

①:勤務先や年収が変化した

転職して年収が下がったり、勤務先がコロコロ変わっていたり、申請段階で無職になったりしていると審査は通りにくいです。
やはりお金を貸す相手としては、安定した収入を持ち、1つの企業で長年勤めているような人材の方が信用度が高く審査が通りやすいでしょう。

②:延滞したことがある

カード会社の支払日に間に合わず、延滞したことがある人は、カード会社に延滞のデータが残っており、信用が低くなっている可能性が高いです。

③:クレヒスを持っていない

クレヒスとは「クレジットカードヒストリー」の略で、いままでのカードの使用履歴のことをさします。
カード会社としては、いままで一度もカードを使ったことがない顧客が突然増額の申請をすれば怪しんでしまいます。
しかし、そのカードを長年使い、延滞などの悪いイメージがない顧客ならば、さらに今後もカードを使ってもらいたいと増額の申請は通りやすいでしょう。

④:リボ枠をたくさん使っている

毎月一定額を返済できるリボ払いは、便利なシステムですが、借金の感覚が薄れるためにショッピング枠がいっぱいになっていることに気づきにくく、気づいたときには返しきれないほど大きなお金に膨れあがっていることもあります。
リボ枠をいっぱい使っている人は、お金に困っている人というイメージも強いので、審査が通りにくいことが考えられます。

ショッピング枠の増額が無理な時の対応策

ショッピング枠の増額を申請したけど審査に落ちてしまった、そのような方は、次の方法で、ショッピング枠を増やすということもできます。

新しくクレジットカードを作る

増額がダメだったからといって、信用情報にキズはつかないので、ほかの会社のクレジットカードを作れないというわけではありません。
限度額が低くても、審査さえ通れば新しくカードを作ることで10万~50万の新たなショッピング枠をゲットできます。
ゴールドカードでしたら初回から100万円以上も可能なので、大きなショッピング枠が欲しい方で、年収や延滞状況などに自信のある方は試してみてもよいでしょう。
ただし、ゴールドカードの場合は、ショッピング枠が大きく、そのほかサービスなどが優遇されていますが、年会費がかかるものがほとんどなので注意しましょう。

家族カードを作る

旦那さんや親御さん名義のクレジットカードの、サブカード(家族カード)を作るという方法もあります。
その場合の審査は名義人の収入などから判断され、限度額についてはメインカードのショッピング枠と共有する形になります。
ただし、引き落とし先の口座も一緒になるので、家族に現金化をバレたくない方はご注意ください。

現金化で気をつけるべき悪徳業者を見極めよう!

悪質な業者の様々な手口に注意

現金化初心者の方は、警戒心が強い方も多いと思いますが、それでもお金と時間には変えられないと、現金化業者を口コミランキングや満足度ランキングの上位というだけでココ!と決めてしまうと、じつは悪徳業者だったということもあります。
評判がいい業者を選んだハズでも、優良業者ばかりとは限りません。

現金化をしたあとで個人情報が流出する!?

現金化をするときには、業者に名前や住所などの個人情報を教える必要もありますし、本人確認書類を提出することになります。
優良業者ならば、取引のために必要な事項を確認するだけですが、悪徳業者の場合だとあなたの個人情報が危なくなることもあります。

ヤミ金からのDMが増える

現金化を利用したあとから、ヤミ金と思われる業者からのDMや電話が増えるというケースがあります。
これは現金化を利用した業者から、ヤミ金業者へあなたの個人情報が売られたことが原因かもしれません。
現金化を利用する人は、ヤミ金業者から見てもお金に困っていることが明白で、ひきずりこみやすい獲物のようなものなので気をつけましょう。

悪質な業者を見極める方法

現金化業者のすべてが個人情報を悪用しているわけではありません。
悪用している業者はあくまで一部の業者です。
まずは悪質な業者に引っ掛からないことが大切です。
悪質な業者を見抜く方法をいくつか紹介しておきます。

換金率はしっかり提示してあるか

現金化業者を決めるキッカケにもなる換金率は、ホームページのトップには業者の最高換金率が表示されていることがほとんどなので、自分の希望の金額=表示の最高換金率に該当するとは限りません。
優良業者ならば、そのあたりの換金率の注意事項もしっかりと記載してありますし、電話で確認すれば教えてくれるでしょう。

会社の情報が掲載されているか

業者のホームページに「会社概要」という項目があると思います。
クリックすると会社の所在地や会社名、創立年月日、代表者名、電話番号などが出てくるはずです。
その中で例えば代表者の名前が苗字だけや住所が途中までで切れている、電話番号が掲載されていないといった場合は、掲載したくない理由がなにかしらあるのか怪しいです。

ネガティブな口コミがないか

口コミサイトでは、自作自演で業者を褒めているものもあり、信用できるとは限りません。どちらかといえば「○○ ウソ」「○○ 騙された」(○○は業者名)など、ネガティブな情報を検索した方が、過去の利用者達の真実に辿り着きやすいです。
検索してみると、意外と現金化サイトで上位の業者でも、ホームページに記載されて換金率と違った、口コミの情報と違うなどの書き込みを発見することもできます。
そのような業者は、もちろん避けた方がよいでしょう。

【現金化初心者入門】キャッシュバック方式と買取方式の違いってなに?

現金化についての解説サイトや業者サイトを見ていると、もはや知っていて当たり前の用語のように「キャッシュバック方式」と「買取方式」という言葉が飛び交います。
あなたはこれらの用語の違いをしっかりと説明できますか?

正直、私自身わかっているつもりではありましたが、改めて違いを詳しくきかれると簡潔に説明できる自信がありません。
ショッピング枠を使った現金化において重要なこの2つの用語、今一度初心にかえって一緒に勉強してみましょう。

いまやお馴染み!現金化のキャッシュバック方式とは

「○○円キャッシュバック」というのは、現金化以外の世界でもきいたことがある言葉だと思います。
たとえば携帯電話を新たに契約したら、1万円のキャッシュバック、眼鏡を2本購入したら、3000円のキャッシュバックなど。
現金化でのキャッシュバックはこれらのキャッシュバックとほぼ変わりません。
世の中のキャッシュバック商品との違いといえば、自分で選んだ商品ではなく、業者に指定された商品であることや、キャッシュバック目的なので、購入した商品よりもキャッシュバックしたお金の方が、価値が大きいということくらいです。

キャッシュバック方式は無店舗型に多い

キャッシュバック方式を主に使うのは店舗型より、ネットでの商売を主にする無店舗型の店舗が主に利用しています。
商品を購入し、商品を発送しますが、商品を受け取る前からお金だけ先に受け取ることができるのであとで説明する買取方式よりも、客にお金をすぐに渡すことができるのです。
ただその一方で、簡単にはじめられるため、悪徳業者も多数に存在し、実際に逮捕者も出ています。

キャッシュバック方式で扱われる商品は

キャッシュバック方式で扱われる商品自体は、もっていても価値のない100円ショップのおもちゃのようなものや、安っぽいアクセサリーなどが多いです。
こういった商品が10万円や20万円で売られ、8万円や19万円といった、商品価値以上のキャッシュバックを受けることになります。
商品については、価値のないとわかっていても受け取る形になります。
返品すると、商品を買っていないのに、お金だけを受け取ったということで、違法性を疑われやすいので、商品は返品や受け取り許否などをせずにしっかりと受け取りましょう。

キャッシュバック方式のリスク

キャッシュバック方式は、あとで説明する買取方式よりも、換金性の低い商品を購入しているので、カード会社にバレにくいということがあります。
ただし、商品によってはおもちゃなのに値段が数十万もすると、一般的に考えてあまりないケースなので、カード会社に怪しまれることもあるかもしれません。

現金化はここからはじまった!買取方式とは

買取方式はまさに元祖からある現金化商法といってもよいほど、メジャーなやり方で、業者を通さずに個人でも可能です。
方法としては、お店やオークションなどで商品をクレジットカードで購入し、あとは売るだけというシンプルな方法です。
業者を通す場合は、業者から指示されたものを自分で、用意するというやり方になります。

買取型は店舗型に多い

買取型の場合は、商品の購入からはじまりますので、現代主流となっているオンラインの無店舗型では、時間がかかる方法として敬遠されがちなやり方となっています。
一方で、実際に店舗をかまえる店舗型では、店舗と隣接するブランド品店や、駅前なら新幹線の回数券など手近な場所の商品を指定し、すぐに換金できるのでいまだに使われている方法です。

買取方式で扱われる商品は

買取方式では、ブランド品やゲーム機、ギフト券など、実際に専門店やオークションなどで高値で売りやすそうな商品を購入することになります。
一見、それなら自分で行う方が安全性が高そうですし、手元にもお金が残りそうなイメージですが、自分の希望値通りにお金が手に入るとはかぎりませんので、確実に希望の金額を得るには業者の方が安心ともえいます。

買取方式のリスク

主に換金性の高い商品を使う買取方式では、いきなり大量に商品を購入する行為や、何回も同じ商品を購入するといった行為は、クレジットカード会社が規約に違反しているとして、判明しやすいやり方でもあるので注意してください。

クレジットカード現金化利用の流れ

クレジットカード現金化を初めて利用しようとしても、なかなか利用の流れがわからないということも多いかと思います。
自己流で現金化を試みたり、ネットで検索して一番上に出てきた業者を利用するというのは非常に危険な方法です。
正しい利用の仕方を学んで、安全にクレジットカード現金化を利用しましょう。

まずは信頼できるサイトを見つけよう!

クレジットカード現金化を利用する際には、まず信頼できるサイトを見つけるところから始まります

ちなみに、私が色々なサイトを見て、こちらのサイトならクレジットカードの現金化比較サイトとして信頼できると判断しました。
よかったら参考にしてみてください!
ただし、こちらも鵜呑みにはせず、きちんと自分の目と頭で判断する癖をつけましょう!

口コミや実際に利用した人の声を聞いて信頼できる現金化サイトを絞りこんだら、サイト内にある申し込みフォームに名前やメールアドレス、連絡先などの必要事項を入力します。
ここでカード情報を入力する必要はありません。もし尋ねてきた場合は悪徳業者の可能性が高いので注意してください。

決済手続きが終われば最短10分でお金が振り込まれる!

そして入力が終わったら現金化業者からインターネットで購入する商品を指定されます。
それを購入したら業者が決済を確認し、自分の講座にお金が振り込まれます
後日、指定された商品が手元に届いて、クレジットカード現金化が完了します。

振込が終わればクレジットカード現金化業者とはさようなら!

クレジットカード現金化は返金の際に業者と一切関わることがないので、返金トラブルを起こすことがまずありません。
自分でカード会社に電話してリボ払いを変更することができますし、何より購入によってカードのポイントが貯まるというのも魅力です。
悪質な業者も多い業界ではありますが、きちんとしたサイトを見つければ、安全に素早く現金を調達できるとても便利な方法ですよ!

お金の救急車!緊急時のお金を入手する方法!